ご注文&お問合せは・・・0120-189-760
銀花コンセプト
「銀花」誕生物語
銀花イオンクリーム
銀花イオンリキッド
銀花クリスタルローション
銀花ビューティエッセンス
銀花潤い&輝き美肌セット
銀花イオンピーリングセット

美白工房へのご注文・お問合せ・ご相談
美白のカリスマ後谷地歩
後谷地歩(ウシロダニチホ)
兵庫県芦屋市出身、芦屋在住
武庫川女子大学付属中学校、高等学校を経て武庫川女子大学短期大学部卒。大手企業にて最年少管理職に抜擢されるが、過酷なストレスから自身のひどい肌トラブルに悩む。その後、独自の美肌メソッドとスキンケアにより肌トラブルを完全に克服。「すべての女性を白く美しく」のメッセージを伝道する為に25歳で美白工房を設立した。現在では、美容ライターから「美白のカリスマ」と呼ばれている。
カリスマ美白肌をアップでご覧ください
スキンケア手順:美肌効果を活かす選び方
スキンケアQ&A:美肌効果をアップするには?
美白のカリスマ:女社長地歩の美白日記
美白工房メディア掲載
日本一美白
銀座まるかん優良店「日本一美白」の斎藤一人さんサイト
不二水素水
美白工房モバイルオンライン
ショップOPEN!!携帯電話からもご注文頂けます♪




自分のブランドへのこだわりと「真美の三原則」

さて、創業当初から私は一つの夢を持っていました。
その夢とは、「最初から最後まで自分がプロデュースしたスキンケア化粧品を早く作りたい」ということです。

まず、お肌は排泄器官であるという当たり前の理屈に沿ったスキンケアを心掛け(=「塗るより落とす」)、食生活に気をつけて、睡眠をたっぷり取り、体を健康に維持する(=「中から創る」)ことが大切ですが、女性は化粧品やスキンケアの善し悪しだけでは完全には綺麗になれません。荒んだ心に美は宿らないですから、健全な精神とゆったりとした心の維持が必要です(=「心で磨く」)。美肌のためには、この三つの原則がとても重要なのです。

女性は肌がトラブルを起こしたり、汚かったりすると、とても悲しくなりますし、自信を失いがちになります。そのことは、私自身が経験上よくわかっています。美人な女性にとっては、多少の肌トラブルがあっても美人であることに変わりはないかもしれませんが、私のような普通の女性にとって、「肌が汚い」ことは実に大問題です。そこで、その絶世の美人以外の女性たちのために、「もっと自信を持って素敵に輝いて生きていきましょう!」という応援コスメを絶対につくりたい、と創業時から考えていたのです。

その為に、たくさんの理論を学び、学校にも通い、美容関連資格もとり、フェイシャルエステで良いといわれるエステには何十店も実際に足を運びました。この美容業界では超有名人が経営する東京の高級サロンにも行かせていただきました。でも、正直なところ、すべて『これはいい』と私の心が動かすほどの理論や卓越した効果のものはなかったのです。

化粧品業界の裏側(少しだけ語ります)

化粧品のメーカーは、全国に約2000社もあるそうです。
そのうち、大手と呼ばれる上位10社でスキンケア市場の半分以上のシェアを占めています。残りの半分のシェアを残りの1990社がしのぎを削っている、これが今の化粧品業界の現状です。当社は、大手以外の1990社のうち、さらにそのまた下位の会社の一社にすぎませんが・・・(涙)

化粧の歴史は古く、人類が誕生以来、女性は顔や体に装飾や入れ墨などを施して化粧(?)をしてきたのです。この女性の『綺麗になりたい、美しくありたい』という願いは本能とも呼べるものであり、誰しもが程度の差こそあれ『「美しくなりたい、美しく見せたい』そう願っていると思います。そういう私も美肌の維持と美白へ執着は、仕事を超えてすさまじいものがありますが(笑)

さて、そんな私が化粧品を一から作った感想は・・・

「化粧品そのものは意外と簡単に作れるが、本物と呼べるものは非常に少ない」

ということです。「有効成分がお肌に浸透します」とうたっていても、お肌は基本的に排泄器官であって、成分を精度の高いナノ化するか、光や電気、或いは、イオン交換作用を利用しなければ、お肌の基底層まで有効成分が届くことはありません。また、「●●(最近では“コエンザイムQ10”とか・・・)をたっぷり配合」とうたっていても、実際のところは、成分分析機にかけても、ほとんど検知されないほど微量しか含まれていない、などということが普通にあるわけです。

そんなことは序の口で、成分由来が石油系であったり、多大な広告宣伝をかけ、その費用捻出の為に、ちょっと首をかしげるような価格設定が行われていたりします。もちろん企業である以上、利益を出さなければ倒産してしまいますから、それらが悪いとは一概には言えないかもしれません。

けれど、女性を美しくすることに携わる企業であるからこそ、企業理念も美しくあってしかるべきだと私は思うのです。美白工房は誠実に、そして、まじめに化粧品開発に取り組んだつもりです。

また、「美白」というキーワードは今でこそ普通ですが、私が美白をうたい、美白工房を創業したころは、若干陰りが見えてきたとはいえ、まだ世の中は「ガングロ」「小麦肌」全盛の時代です。美白といえば『ドーランかおしろいで白くするんでしょ?』と言われたものです。

ですから、本当の意味で「美白」=お肌のキメを整え、その人の肌のもつ明るい透明感や美しさを引き出す、ということを最初に世に問うたのは、美白工房の後谷地歩だと自負しております。
けれど、弱小企業の為、そんなに大それた宣伝もできず、その後、弊社を意識したと思われる大手メーカーをはじめ、中小メーカーもこぞって「美白スキンケアライン」を自社のラインに投入し、大々的に宣伝し始めたことは皆様もご承知のとおりです。

「美白の専門家」の名に懸けて、後谷地歩と美白工房は、これからもよりいい原料(素材)を厳選し、信頼できて、安全性が確保された製造方法で化粧品を製造し、皆様に喜んでいただきながら、きちんと結果の出る「美肌スキンケア化粧品」を安心適正価格でご提供することをお誓いいたします(キッパリ!)

銀花ができるまで

さて、少し寄り道しましたので、いよいよ、ここで・・・


ちょっぴり寄り道♪美白のカリスマの過去写真を大公開!
後谷地歩:ファンデーションでニキビを隠していた会社員時代 後谷地歩:美白のカリスマと呼ばれる現在
<会社員時代>
ニキビや黒ずみなど、ひどい肌トラブルに悩んでいた会社員時代の写真です。顔中に真っ赤に膿んだニキビができていて、それを隠す為にこれでもかというぐらいファンデーションの厚塗りをしていました。(←絶対ダメです!)
<現在>
日本中の女性を美白肌にしたいという夢の為に毎日奮闘している現在。私は自分のことを美人とは思っていませんが、自分に自信と誇りと持っています。お肌がキレイだとそれだけで毎日気分よく、楽しく頑張れますよね♪一緒に美肌づくりを楽しみましょう!
お肌の悩みのご相談、ご注文&お問合せは・・・0120-189-760
Copyright(C) 2007 BIHAKU-KOBO Co.Ltd. All Rights Reserved.